ご存知でしようか??         

                 岩 盤 削 孔 機

   ● TOM HAMMER (ダウンザホールハンマー)は用途に応じた機種を取り揃えております。

                                                                     TOMエンジニアリング(設計、監理)

1) 作動必要空気量と圧力





 TOM HAMMER 作動必要空気量と圧力



     TOM HAMMER本体に内臓しているハンマーピストンは 空気圧縮機から送られてきた圧縮空気により


  往復運動し、先端ビットの衝撃力で岩盤を削孔する。削孔と共に先端ビットより排出した空気は、破砕さ


  れたスライムを効率良く排出する。いわゆる「エアリフト」効果の役目をなす。先端ビットの衝撃力は、


  吐出空気の圧縮力(圧力)におおいに関係する。


  ダウンザホールハンマーは一般的に使用圧力1.03MPa(10.5kgf/cu)を標準圧とし強度構造されて


 いる。


    TOM MAMMERは中硬岩、硬岩、岩塊、玉石、転石等の削孔を 主眼に於き、より高圧使用に耐える


 構造設計されている。





TOM HAMMER 必要空気量と圧力 (目安) 
 型式  TOM-600N 型式・NS-60 特性
 




空 気 量


 3/min

30

42

51

圧  力 


MPa(kgf/cu)

1.03

1.27

1.47

(10.5)

(13.0)

(15.0)

削 孔 地 盤

軟 岩

中 硬 岩

硬岩、岩塊、玉石、


転石

一軸圧縮強度


(kgf/cu)

200未満

200〜600

600以上








TOM-600に於けるコンプレッサー選定(例)     

現場条件 : 硬岩削孔                                        
必要空気量と圧力特性表より目安、空気量51(m3/min)、圧力15(kgf/cu) 
・ コンプレッサー一覧より、空気量 25.5×2(51m3/min)、圧力15(kgf/cu)以上の

        機種は PDSK900S・900XH・XHP900WCAT等耐久構造圧 24.5(kgf/cu)を選定する。

但し 上記機種は 2台連動となります。